ちゃかママの日曜ハンドメイド

母歴1年ちょっとの新米、ちゃかママのあれこれ

簡単!ペットボトルのキャップで指先遊びのおもちゃを作ろう

息子の通う保育園では、

先生方がいろいろな手作りおもちゃを用意してくれています。

 

その中でも息子のお気に入りおもちゃの作り方を教えてもらったので、作ってみました。

完成品がこちら

f:id:chaka_mama:20181210162824j:image

 

用意するもの

  • ペットボトルのキャップ
  • 深めの保存容器(100均で売ってます)
  • ビニールテープ
  • グルーガン
  • はさみ、カッターなど

f:id:chaka_mama:20181210162842j:image

 

 

作り方は本当に簡単で、

ペットボトルのキャップを4個、グルーガンでしっかりくっつけます。

f:id:chaka_mama:20181210162856j:image

接着箇所がデコボコしても大丈夫!

むしろ穴に落とす時に引っかかるので、飽きずに遊べていいかもしれません。

 

接着したキャップにぐるぐるとビニールテープを巻きます。

投げられても、叩かれてもいいように、がっちりしっかり巻いてください。

f:id:chaka_mama:20181210162908j:image

ビニールテープは100均にも取り扱いがありますが、色が単色しかなかったのでホームセンターで購入しました。

カラフルな方が、幼児向けおもちゃっぽいですよね(笑)

ホームセンターでも値段は1つ100円程度です。

 

保存容器は蓋にキャップが通る穴を開けます。

f:id:chaka_mama:20181210162920j:image

切り口が尖ってしまったらヤスリなどで削って、怪我をしないようにしてください。

 

完成。

f:id:chaka_mama:20181210162824j:image

息子はこれを出してあげると、結構長い間遊んでくれます。

たまに投げますがε-(´∀`; )

 

誤嚥を防ぐためにもキャップの接着はしっかり、必ず4個以上繋げたものにしてください。

そして遊ぶのは大人がしっかり見ている時にしてくださいね。

 

何これ、可愛い!3COINSのビニールスタイ

可愛い雑貨が300円(税抜)で揃う3COINSで、とても可愛いスタイを見つけたのでご紹介します。

f:id:chaka_mama:20181209133519j:image

某携帯CMにも出てくる三太郎(桃太郎

・金太郎・浦島太郎)のビニールスタイです。いや、元ネタがCMかは分かりませんが。

一袋三枚セット、300円(税抜)!

つまり、一枚100円。

若干品質が気になりましたが、可愛さに負けて購入。

 

f:id:chaka_mama:20181209192904j:image

スタイ本体のビニールも、首の後ろのマジックテープも意外としっかりしています。使用前の洗濯(洗濯ネット使用)でもくしゃくしゃになることなく耐えました。

f:id:chaka_mama:20181209192921j:image

息子(1歳4ヶ月、80サイズの洋服がピッタリ)が着用するとこんな感じです。

やや大きめの印象でした。

 

着用が浦島太郎なのは、三枚並べて息子がこれを選んだから(*´∇`*)

気に入ったかな?

 

ちなみに、女の子向けの白雪姫・シンデレラ・アリスのセットもありました。

 

何度か使ってみたら、また感想を書きたいと思います。

『すくすく子育てセミナー』に行ってきました

先週の土曜日、12/2に東京都の看護協会で開催された

『すくすく子育てセミナー』

に行ってきました。

 

www.tna.or.jp

色々な子育てセミナーはあるけれど、大抵平日の日中開催。土曜日のセミナーは貴重です。

しかも親子セミナーという事で参加申し込み。

 

定員40組。以前、両親学級も受講していたので、今回も無事受講できました。

両親学級の詳細はこちらのHPにあります。

公益社団法人 東京都看護協会 :: 両親学級

 

セミナー当日、まずは受付でくじ引きをしました。

私が引いたのはC賞。歯磨き粉。

(ほかに何賞があったかは不明……)

あと、セミナーで使う資料・パンフレットの他にハンドタオルとウエットティッシュをもらいました。

f:id:chaka_mama:20181206160754j:image

 

会場には

  • 授乳のための部屋
  • オムツ替え用の部屋
  • サテライト会場(ジョイントマットが敷いてあり、セミナー会場のモニターと音声が聞こえるように準備されていました)

が用意されていました。

さすが子育てセミナー、至れりつくせりです。

スタッフさん達も息子に話しかけてくれたり、和やかな雰囲気でした。

 

セミナーは大体2時間。管理栄養士さんのお話を伺いました。

実際に二人の男の子を育てた経験を元に、理想の話と現実のあるあるを上手く絡めて説明してくださいました。

 

ざっくり言うと、

おおむね成長曲線に沿っていれば気にしすぎず、子供にとって楽しいと思える食事環境を大切にしましょう。

バランスの良い食事は大切だけれど、毎日毎食で気にせず、1週間や1ヶ月を通して考えば大丈夫。とのことでした。

(私の超意訳です。)

 

あと、個人的に気になったのが、昔に比べ2〜3歳の魚卵アレルギーが増えているとのこと。回転寿司で、いくらなどを食べさせちゃって発症するケースもあるとか。

息子連れて回転寿司はいつから行けるかなぁと考えていたお寿司大好きな私なので、気をつけます。

初めて口にする食材は、少しずつ慣らさなくてはいけませんよね。

 

ウチの息子は開始30分ほどでぐずり出し、旦那と一緒にサテライト会場へ。

他の子達もパパと一緒に移動したり、ママと二人で参加した子はスタッフさんが手伝ってくれて移動したりで、子供たちは泣き叫んだりせずにお利口さんでした。

 

また関連のセミナーがあれば参加したいです。

 

最後に協賛企業の内の1社、Pigeonさんからいただいたお土産(試供品)です。

f:id:chaka_mama:20181206161031j:image

こんなにたくさん。息子よかったね(*´∀`*)

 

ミルキーの新商品を食べてみた 第二弾~Milky あまおう苺~

コンビニお菓子を食べてみたシリーズ

ミルキー祭り(*´꒳`*)第二弾!

 

f:id:chaka_mama:20181205161245j:image

②Milky あまおう苺

 

あまおう(苺)味のミルキーです。

一袋に個別包装で10個ほど入っています。

 

「期間限定」「北海道産生クリーム使用」心躍る言葉ですね(笑)

 

袋を開けた瞬間、苺の香りがすっごく広がります。

ちゃんと香りが逃げないように、パッケージの上が閉まるようになっている親切設計。

 

いつものミルキーの中に苺味の何かが入っているのかと想像したのですが、

でした。

 

可愛らしいピンクの苺味にコーティングされたミルキーです。

 

うっかり噛んでしまったのですが、

パッケージに『生』とあるように、いつものミルキーより柔らかいです。

 

口寂しい時に一粒食べるとだいぶ満たされます。

 

そういえば先日、痩せたいとぼやきましたが、

chaka-mama.hatenablog.com

その時の健康診断の結果が返ってきました。

 

可もなく不可もなく、ないつも通りの結果でした。が、痩せなくていい理由にはなりません。

(痩せる、というより無駄に脂肪を蓄えるのは健康上よろしくないですしね……)

引き続き、痩せるためにちょっとだけ意識した生活を心がけていきたいです。

 

とはいえ、お菓子ばっかり食べているから痩せないんだよなぁ……

 

ちなみにミルキー祭り第一弾はこちらです。

chaka-mama.hatenablog.com

こちらのお菓子も美味しかったです。(*´꒳`*)

 

 

 

2019年の干支。簡単、亥のフェルト帽子

あっという間に今年も終わり。

皆さま、平成最後の年賀状の準備はお済みでしょうか?

 

我が家は特に捻りもなく息子の写真付き年賀状です。

年賀状印刷のおススメはこのページで紹介していますので、よかったら見てください。

 

 

chaka-mama.hatenablog.com

 

 

その時に写真で乗せたウリ坊の帽子。

作った工程をまとめてみました。

■材料

  • フェルト(土台の色は100均の大判のものがあれば十分。他のパーツもお好みの色を)
  • 糸(普通の縫い糸。私は鼻の上をステッチにしたので、その場合は刺繍糸も)
  • まち針(フェルトを抑えるのに使います)
  • ボンド(手芸用でも、木工用でも)

全部100均で揃います。

 

f:id:chaka_mama:20181118100234j:image

まずは完成予想図・兼型紙を作成します。青線で太く書いた部分だけあれば、あとは左右対称に作れます。

 

f:id:chaka_mama:20181118101024j:image

↑左の型紙が土台用、右の型紙がパーツ用になります。右の型紙はここから更に切り出します。

※注意※

最後まで読んで頂ければと思いますが、サイズ失敗しているので数字は載せません。ごめんなさい……

帽子のメインとなる半円の直径はお子様のサイズに合わせてください。

 

f:id:chaka_mama:20181118101046j:image

耳に当たる1番大きな三角パーツは帽子パーツと一緒に縫うので縫い代を取ります。(耳は内側に縫い込むので、縫い代の取り方をちょっと失敗。)


f:id:chaka_mama:20181118101042j:image

こっちが帽子の土台。こちらも縫い代1センチくらい取ってください。

写真の角度が悪いですが上下同じ大きさです。

 

f:id:chaka_mama:20181118101355j:image

 

耳を中心に挟み込んで、まち針で固定します

f:id:chaka_mama:20181118101448j:image

耳の先を外側に出さないように注意!

(初心者がよくやるミス?私は今回やりました……)

中表で縫って最後にひっくり返すので、耳の先が内側に来るように固定して、ザクザク縫います。

 

f:id:chaka_mama:20181118104306j:image

縫い終わってひっくり返したら、8割がた完成。

写真をよーく見ると裏側に切り込みが見えるのは、測ったはずのサイズが合わなかったから……

裏側は見えないし、とザックリ切り込みを入れました( ´△`)

f:id:chaka_mama:20181203084911j:image

後ろから見るとこんな感じです。

 

他のパーツも好きな色のフェルトで切り出して、バランスを見ながらボンドで接着します。

(もちろん縫いつけてもOKですが、年賀状撮影用の一回きりなので略。)

 

完成予想図に描かなかったのですが、よりイノシシっぽくしようとキバを追加。

スペースの都合でほっぺの楕円は無くなりました(笑)

少し年齢の進んだ子だったら、ママが用意した顔パーツを子供にレイアウトしてもらうのも楽しそうですね。

 

今回は鼻の上だけアウトラインステッチで線を入れましたが、これもお好みで。

f:id:chaka_mama:20181203085145j:image

カメラは好きだけど帽子は嫌いな息子をなだめすかし、なんとか撮影。

 

さっそく年賀状を作ろうと、いろいろなテンプレートを見ていたら……

イノシシって背中のライン?三本なんですねε-(´∀`; )まぁ、いいか……

 

 

我が家では年賀状印刷にしまうまプリントさんを使っています。

納品も早いのでまだ年賀状印刷をしていない場合はどうぞ。

【しまうまプリント】インターネットで年賀状プリント

スマホの写真からカレンダーが作れる!?

先日、スマホの写真から年賀状を作れるアプリと、我が家でお世話になっている印刷会社さんをご紹介しました。

 そのときの記事はこちら。

chaka-mama.hatenablog.com

 

今回は撮りっぱなしのスマホ写真を使おう第2弾!

素敵な商品を見つけたのでご紹介します!

 

1年分12枚の写真で作る【TOLOT卓上カレンダー】

タイトルでネタバレしていますが、

なんとスマホで撮った画像を入れるだけでオリジナルカレンダーが作れます。

 

例えば、今年撮りためた息子の写真を一月から順番に並べていけば……

毎月一年前のその月の息子と見比べられる⁉︎

いいかもしれない(*´꒳`*)

 

さっそく注文してしまいました。

自宅用と、実家・義実家(息子の祖父母)用の3部も(笑)

 

毎月一度は息子の写真を送るようにしているので、みんな過去と現在を見比べながら息子の成長を見守れたら素敵だなと。

5日〜2週間ほどで手元に届くらしいので楽しみです。

(年末の発送状況で変わるかもしれませんが、帰省の手土産にしたいので間に合うといいなぁ)

 

カレンダーの作り方は12枚の写真を選ぶだけでとっても簡単。レイアウト考えたり、コメント入れたり、忙しいと煩わしい作業もなし!(笑)

しかも、シンプルなデザインならワンコイン(500円)で作れるし、キャラクター物でも600円で作れます。

まだ息子にキャラクターの判別は出来ないのでシンプルデザインを選びましたが、好きなキャラクターと一緒に映ったカレンダーなんて子供は大喜びしますよね。

そんな息子のマイブームは昔の自分の写真を見ること。なぜかおおはしゃぎでアルバムのページをめくります。

そこに映ったまんまるな赤ちゃんが自分だと分かっているのかな?

ブームが過ぎなければ一年前の自分が映ったカレンダーも喜んでくれるでしょう(*´∇`*)

 

 

思い返せば、一年前からだいぶ成長した息子。現在1歳4ヶ月。

あの頃はホントに顔はまん丸・ほっぺはパンパン・手足はムチムチでずっしりとしたボリュームのある赤ちゃんでした。

しかも旦那似の色白で、なんとも美味しそうでした(笑)

 

3ヶ月検診で助産師さんに「体重が増えすぎて心配です」と相談していたのが懐かしい……

成長曲線の範囲内だったので気にしなくて大丈夫。そして「今が1番太る時期だから大丈夫よ〜」と言われました。

(その後、1歳近くまで「今が1番太る時期〜」と慰められ続けた息子(笑)。今もずっしり体重はありますが、ちゃんと身長も伸びて幼児らしい体型になっています)

 

写真を眺めながらだと、そんな思い出の引き出しも探しやすく、開けやすくなるなぁと昔の写真を整理すると思います。

このカレンダーを作ったのも、よい思い出の一つになりました。

 

 

 

 

ミルキーの新商品を食べてみた 第一弾

コンビニお菓子を食べてみたシリーズ

ミルキー祭り(*´꒳`*)第一弾!

…と言っても今アップできるのは第2弾までです。

f:id:chaka_mama:20181119161243j:image

①窯焼きMilky ロイヤルミルクティー

 

不二家から出ているクッキーです。

ひとつまみサイズのキューブ型のクッキーが、個別包装なしで入っていました。

 

『まるでミルキーを焼いたような』とパッケージにあるように、表面にはミルクっぽい甘い何か(ミルキー?)がコーティングされています。

噛んだ感じは柔らかく崩れますが、舌触りはミルキーやチョコレートのように溶ける感じではなくザラザラ。

 

クッキー菓子なので当然といえば当然です。

 

アッサムの香りは思ったより鼻に抜けますが、想像していたロイヤルミルクティー味とはちょっと違いました。

(ただ、ロイヤルミルクティー味と書かれた商品で想像通りのものに出会ったことがないので、私のロイヤルミルクティー像が違うのかもしれません)

 

甘党の私が『甘い』と感じたので、一袋食べると相当な満足感が得られると思います。